96のチラシの裏:浦和レッズについて考えたこと

浦和レッズの試合を分析的に振り返り、考察するブログ。戦術分析。 twitter: @urawareds96

今週のタイムラインまとめ:7月18日~7月24日

今週はPAGEFULの質問が多くて凄い数になっちゃっいました。でも質問は遠慮なくどうぞ。

7月18日(土)

結局、その後すぐに以下の記事が出てましたんでCFGとマリノスは継続ってことでいいんですかね?

news.yahoo.co.jp

けっこういいよ!

時々エイリアンに襲われる夢見ることない?

炸裂しなかったけどあのミドル結構好きです。

審判の目の前であの蹴りをかますのは笑える

コンディション調整観たいですが、いきなりフルで出まくって負担が大きかったですかね。あのカバーリングとクリーンなディフェンス、そしてビルドアップはあるとないじゃ全然違いますね。

FC東京の方からかみ合わせをずらしてくるのは意外と思いましたが、橋本が使えるならあの433がベストなんでしょうね。

予想していた通り、ボール保持が問われる試合となってしまいました。詳しい話は以下のエントリで書いてます。

www.urawareds96.com

特にディエゴ・オリヴェイラレアンドロのキープ力はやっかいでしたね~。

何も おこらなかった !!

そして即追加点を決めるアダイウトンであった。先制されて一気にFC東京のゲームになって、采配の面でも長谷川監督大当たりと、ちょっと勝ち目がない展開でしたね。

この時柏戦でもっと点を取られることを僕たちはまだ知らなかった…。

この点は柏戦の序盤では改善されてましたね。

柏戦も踏まえると、なんとなく2トップは健勇&興梠のユニット、武藤&レオのユニットに落ち着いていきそうな気がしますね。

やっぱトーマスさいこー。

たしかにシュートはもうちょっと改善してほしいけどね。

SHの並べ方はいろいろ試してるけど、逆足に置く傾向が最近強い気がします。

7月19日(日)

こういう、最適解とか正解はなんですか?系の質問はたいていまともに答えられないのでご了承ください。

逆転する力をつけるのはもう少し後のフェーズかなと思うので、まずは先に失点しないことですね。

柏戦で良かったから序列は上げたと思います。

汰木は本人も数字が欲しいだろうなあという感じ。

関根はまだトップフォームではない感じがしますね。

いないかな~~~????

とにかく先に失点しないこと!

なにかひとつきっかけがほしいですね。

やっぱ武藤なんだよ。

武藤と言いまくる僕。

全く追わないってことでもないんですけどね。

7月20日(月)

やっぱボール保持からゴールに向かうなら最終ラインでどう組み立ててボールが前線に入っているかを注目すべきでしょうね。最初の一歩。

要は、相手の攻撃に蓋をするためにブロックが低くなりがちだったということだと思ってます。ブロックを組むのはいいんだけど、ある程度は自分たちから仕掛ける守備も必要ですね。

承知するのもめんどくさいのよ。

でもこれは結構好きでした。

柴戸がミスチルの歌から何か引用し始めたら注意です。

「うっせーなわかってるよ!俺だって気にしてんだよ!」とか言いそう。でも今の元気はもう大人だしそういうこと言わないか。ロッカールームで口が悪かったのは実は直輝のほうなんですよね。

これは結果的に柏戦でも指摘することになりましたね。

雨うざー。

FC東京戦のエントリを書いての総括。次の柏戦で取り組みは見えたので、目指す方向性に対して前進している部分は間違いなくあると思います。

で、柏戦にシフト。オルンガ、江坂、神谷、仲間と並べてJ2の夢、ロマン重視かと思ったら普通に質が伴ってましたね。

こんなしょうもないログを残してしまって武田に申し訳ない気がする

これ、実は昨年から目標にしていたので非常にうれしかったです。今後ともよろしくお願いいたします。ブログのほうはひとまず目標達成したし、何か新しいことをしたい気分になりますね。

7月21日(火)

マウリシオは持ち上がってくれるのがいいとこですよね。怖い時もあるけど。

今のサッカーに合ってるしね。

岩波は縦パスやフィードは素晴らしいものを蹴れるんだけど、ショートパスの使い方や左足の技術、立ち位置の取り方はもうちょっと改善できる気がしますね。周りが助けてあげてない場面もあるんだけど、彼個人のレベルアップがほしいなあという場面もたしかにありあます。

これが目に見える形で裏目にでるとはね。

この質問くれた人、柏戦で涼太郎観れてよかったですね。

たぶん大槻さんはもっと(あと5人くらい)走り回れる選手をスカッドに入れたいと考えてそうな気がします。ユース監督出身だけあって、求めるレベルに見合う選手でチームを組んで「作品」を作り上げるというよりは、選手の成長を組織の完成度の向上に取り込んでいくタイプというか、戦いながらやっていくタイプに見えるので、そもそも若手選手を多く起用したいタイプかもしれません。

でもシメオネほど守って刺すって感じでもないんですよね。ラングニック系だとオープンすぎる感じもするし。ちょっと前のナポリとかはカウンターが早かったかな?あんま欧州サッカーに詳しくないから良い例が出せなくてすみません。

個人的にはまずは守備から主導権を握るところが安定してできるようになればポゼッションの課題のところにフォーカスして観ていきたいなと思ってます。

高木監督とか小林監督とか、現実的な戦い方を選ぶ監督にこういう傾向がある気がします。戦力を与えたらどういうサッカーするか結構観てみたいです。

逆にうまくいってなくてもネガティブになりすぎないというのも大事ですけど。観てる方もテンションを揺さぶられるのは仕方ないよね。

まずは前線からプレスいって、運ばれたらブロックで、なんですけど、プレスが間延びしちゃうとそのままゴール前なんで、その辺のバランスどう考えてるんだろうと思うことはあります。

Jリーグにこないで

英語もっとできるようになりたい。

いろいろリプライもらったんですが、個人的には「すわれうらわのおとこならー」を考えてました。

これ、速攻で売り切れて再販も決まってるそうで。レギュラーアイテムにならないかな。

若干やってましたね。

浦レポの轡田さんコラムは読む価値ありますよ。

7月22日(水)

やっぱプレスは前が行ったら後ろがいける限りついて行ってあげるというのが基本な気がします。時間帯とか展開的にあまりにも後ろが無理なのに一人で突っ込むのはだめだけど。3/4のエリアから仕掛けていくっていうのが個人的には好きです。

でも広瀬みたいにライバルチーム行かれたら困るんだけど。

一点とれば乗っていけるはず。

バルサじゃないけどそれ以外がわからなくなるって選手個人にとっては不幸だしね。

これ浦和戦前のインタビューで本人が改めて語ってましたね。

短期型というか、相手の対策をしていくタイプの監督なだけで、チーム作りは逆に長期的に任せた方が良いタイプな気がします。選手の成長とともにチームを作っていくタイプっぽいので、タイトルを獲れるかはわからないけど。

うん。

オルンガはだめ。

オルンガは出場停止のはずでは…?

これ見直したら中村航輔の声でしたね。すみません。でも浦和の選手最近コミュニケーション少ない気がしてね。

こういうところが土田SDのいう「3年計画」の肝だと思うんですよ。

7月23日(木)

たしかに中村航輔と西川のプレーの差が勝負を分けたところがあるし。でもどのくらい疲れるかなんて僕には想像もつかない。教えてGK経験者。

FC東京の永井みたいな使い方は面白そうと思いますけどね。

アトレティコアトレティコで特殊というか色がはっきりしてるチームですからね。アトレティコみたいなチームにしたいってわけでもないんだよなあきっと。

これはもうちょっと見ていきたいですね。山中がボランチの位置に入ってくるのにもともとのボランチ2枚も近いところにいてスペース食い合ってることが結構あるんですよね。SBとSHのレーン管理は良いと思うけど、ボランチ2枚も絡めたレーン管理はもう少し改善できると思います。

早くお尻浮かせたい

武藤はいつも期待したプレーをしてくれます。最初のチャンス決めてくれれば最高だったけど。

山中のインサイドロールに疑問が湧くのはやっぱりボランチ2枚の立ち位置の整理な気がしますね。

そりゃ橋岡が森脇みたいに中で左足も使ってなんでもやってくれるわけじゃないから、スムーズさや選択肢の豊富さには欠けるけども。

4-3-3で継続して戦うにはアンカーに2枚、IH出来る選手は4枚は必要だと思うんですが、浦和だとやりたいサッカー的にかなり強度がいるので、中盤の枚数が揃わない気がします。あと堀さんのときの4-1-4-1が嫌な印象として残っているのもあって、4-4-2でいいんじゃないかと個人的には思ってしまいます。

橋岡を外レーンで使いたいとなると、ハーフスペースで輝く涼太郎の起用は今後良い選択肢になりそうな気がします。

個々が改善されたら見える景色がかなり変わると思いますが、ちょっとまだまだかな。

この辺は浦和レッズがどのクラブよりも大事にしていると言い切れるチームになってほしいなと思います。それが僕の思う「責任」です。

#急進的柴戸派、募集中です。

これからこれから。10節くらいまでにある程度「今季のレッズはこうやりたいんです!」って試合を見せてくれればと思います。そうでないとちょっと向かい風になっていきそうな予感。

よろしくです。

今季どこかで必ず出番があると思います。彼もやれる選手です。

まずは守備からです。

このシーンファブリシオには悪いけど面白かった。

FK数が少ないゲームはたしかにのめり込む感覚あるかもしれないですね。

なんとなく、ゲームを振り返ってまとまった文章にすると自分の中でも試合を消化できる感じがして、これを書いた後はだいぶ前向きになれました。結果は悪かったけど。

たしかにあのシーン、江坂にボールが入ったところで2枚で潰せばよかったのかも。

7月24日(金)

サッカーの戦術も構造は同じでメタの取り合い。

媒体をお持ちの方、お誘いお待ちしています。

そもそも小野伸二はデビューの時点で別格だったでしょうし。

涼太郎と橋岡の右サイドは結構良いかもしれないと思ってます。

一方荻原は左SHの4番手くらいの印象。関根もファブリシオもまだあんまりハマってないから、ルヴァンで結果出せばチャンスあり。

岩武はやれる。

今週の浦和サポ必読の記事。

ミシャはどっかでリーグが表彰すべき。

基本、うまくいっているシーンを抽出して「何がやりたいか」を探す人が多いと思うので、うまくいってないと「やりたいこと自体がわからない」になっちゃうのはありがちかなあと。

今戦術ブログ書いている人の大半はらいかーるとさんのブログで勉強してきたと思う。

おすすめです。身体の向きや体勢、歩幅の調整、重心を移動させるコストなんかを意識してみるとプロが勝負しているポイントがわかるようになる!かもしれない。

こういうのを防ぐためにも戦術的にうまくいかなくても戦う姿勢は見せ続けないといけないと思います。

あの失点の突破とクロス、カズなんだよね。

しっかり持ちネタにしている松尾くん、良いですね。

Guibilomarioさんこと河野さん、お声かけ頂いてありがとうございます。ほかにもいろいろ考えたんですが、新旧「水を運ぶ人」の競演、結構よくないですか?もしトリオだったらラファ、ワシ、エメの3トップにしてもらおうかと思ってました。あとは興梠とロビーとかも良かったかも。

 

と、今週はこんな感じのタイムラインでした。質問回答が多すぎて長くなっちゃったんで、今後は量をうまく調整したいです。